スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

霊体験?思い込み?

俺はオカルトや心霊体験の話なんかは大好きで、一時期は2chのオカルト板によく出入りもしていたが、
霊の類は一切信じていない。
死んでもなお意識が残留して行動しているなんて信じられないし、馬鹿げてるとさえ思う。
でも信じてない一番の理由は、この目で一度も見た事がなく体験したこともないからだ。
霊以外にも言える事だが、やっぱり自分自身が体験しない事には信用なんて出来ないだろう。
だいたいの事は夢、恐怖が生み出した幻、錯覚、思い込みなんかで片付けられるはずだ。

・・・昨日まではそう思っていた。
だが、昨夜体験した事に関しては夢や幻で片付けられるものではないと思う。

あんまり気持ちのいい話じゃないので追記の方に。一応閲覧注意?
実話です。


昨夜。その時の時間は覚えてないけど寝たのが午前2時すぎだったからそれ以降。
事の始まりは夢だったはず。
その時は頭に装着するディスプレイ?(ゴツい暗視ゴーグルを想像してほしい)みたいなもので映像を見ていた。
この時点では夢。でもそれにしては浅いと言うか、感覚があって、その気になれば目を開けて夢から覚めることも出来たと思う。いわゆる夢と現実の境目にいた。
ディスプレイには綺麗な景色が次々と映し出されていた。
ずっと見てると眠くなってきて、「これは安眠装置の一種だな」と思っていたのを覚えている。
が、突然映像が変わって、たくさんの三角形が映し出された。

夢の三角形

言葉にしにくいが、こんな感じ。サンドイッチみたいな形してるのが多かった。
小学校の算数の教科書に載ってるような感じの光景。
それが映し出されると同時に左耳から耳鳴りがし始めた。
すごく不快な音で、「ギャギャギャギャギャ」みたいな、そんな音。
それが聞こえ始めた頃、目が覚めた。と言ってもまだぼんやりしていて、耳鳴りさえ止めばすぐに眠りにつけそうな感じ。
んでその時は左手がお腹に、右手が頭の方に、というようなちょっと変な体勢をしていたので、右手だけでも布団にいれようとした。
が、動かない。変な寝相のせいで麻痺しているような感じではない。指一本動かせない。
試してみたけど右手だけじゃなく、体全身が動かない。
「これってもしかして金縛り?」と思った。
その時フレンドである鳥有さんの事を考えていた。彼はよく金縛りに遭うらしい。

「でもたかが体が動かないだけだし」と思って再び寝ることにした。ちなみに耳鳴りはまだ鳴っている。
霊体験の場合、金縛りにあってる時は体の一部が重くなったり、目を開けると誰かがいたりする事があるらしい。
だが特別誰かが乗ってるような重みはなかったし、そもそも眠くて目も開けてなかったので検証出来ず。

「寝よう」と思ってすぐ、体が異常に軽くなったのを感じた。
体験した事ないのではっきりとは言えないが、無重力状態のような感じだった。
俺の体だけ重力が消えたような。
体は相変わらず動かない。だが「軽い」。意味が分からないだろうが、本当にそんな感覚を味わっていた。
すると突然、変な格好のまま上半身が起き上がった。
まるで体をロープで縛られ、誰かに引っ張られるように。
オノマトペを使うとするなら「ふわり・・・」と言った具合に。
痛みはない。筋肉を使って起き上がったわけでもない。というか意識して起き上がったわけでもない。
でもなぜか上半身だけ起き上がっていた。
右手を頭の方へやったまま。間抜けだ。
薄目を開けたらカーテンとコタツが見えた。これらは首だけでも動かさないと見られないはずだ。
でもその時の俺は驚いてなかった。それほどまでに頭がぼんやりしていた。でもあれは夢じゃない。
そのうち、糸が切れたように、でもゆっくりと元の場所に戻り仰向けになっていた。

相変わらずの耳鳴り。目を閉じてしばらく。
今度は宙に浮くような感覚に襲われた。
正確には「体ごと」ではなく、例えるなら「精神」がだ。
目を閉じているはずの視界にはなぜか俺が映っていた。いや、もしかしたら目を開けてたかもしれない。この辺は曖昧。
そこには白くて半透明で人の形をしたものが俺から剥離しようとしては戻るような光景が映し出されている。
明らかに俺の視界から見ているものではないこの光景に、これは夢なのか真なのか分からなくなっていた。
でもその時は眠かったからかひどく落ち着いていて、それよりも浮遊感と言うべきか上から引っ張られていると言うべきかのこの状況がやや鬱陶しかった。
相変わらず耳鳴りはうるさいし、油断するとどこかに飛んでいってしまいそうな俺の精神(魂?)を精神力で押さえつけている(出るな出るなーって言ってた。こうしないとヤバい気がした)この状況で眠れるわけもない。
意識はまだぼんやりしているが、頭の片隅で「この状況は幽体離脱なのか」と冷静に考えていた。

次第に「飛んでいったらどうなるんだろう」「試してみたい」と思うようになり、意識的に精神を剥離し始めた。
だが上手くいかない。
そもそも魂や精神と肉体とを切り離す事なんてやった事ないのだから当たり前だ。
押さえつけたこともないけど。
力を込めてみたり体から離れていく姿をイメージしてみたりしたがダメだった。
そんな間抜けな事をやっている内に耳鳴りが消え、浮遊感や「体の軽さ」も消えた。
不思議に思う暇もなく意識も遠くなっていった。ここから覚えてないので恐らく眠ったんだと思う。


昼頃になって昨夜の事を整理してみた。
この世に心霊現象というものが存在するならば「金縛り」と「幽体離脱」が同時に起こったのかもしれない。
俺は未だに霊は信じていない。だが心霊現象というものはもしかしたら存在するのかもしれないと思うようになった。
何度も言うが、あれは夢ではなかった。意識はまどろんでいたが、あの引っ張られる感覚や浮遊感はまだ覚えている。
夢があんなにリアルなものか?
所々曖昧にはなってしまっているものの、ほとんどの事を覚えているのに「夢」で片付けるのは出来ないと思う。

この体験中、恐怖はなかった。
もしあの時幽体離脱が出来たなら俺は間違いなくやっていた。現にチャレンジしてたわけだし。
だが、もし本当に出来てしまっていたら。俺はどうなっていたんだろう。


以上、昨夜起こった不思議な実体験をダラダラと書き綴ってみました。
  1. 日記
  2. TB(0)
  3. CM(4)
<<タダノヒトナリさんが格好良く見えてくるのは仕様 | ホーム | 水没には気を付けろ>>

コメント

なにそれこわい

そんな話聞いたら怖くて全然眠れん・・・TT
  1. 2010/01/16(土) 21:13:01 |
  2. URL |
  3. ラーチャさん #-
  4. [ 編集]

No title

すごく・・・厨2っぽいです・・・
  1. 2010/01/17(日) 02:13:35 |
  2. URL |
  3. えのき #-
  4. [ 編集]

No title

その文才が羨ましい
  1. 2010/01/17(日) 03:27:28 |
  2. URL |
  3. 羽根 #DOoPnujQ
  4. [ 編集]

コメント返信

>ラーチャさん
じゃあ今度の土曜日まで一緒に寝よっか///

>えのきさん
改めて読み返したら三流のホラー小説みたいだな・・・
でも本当に起こった出来事なんだぜ

>羽根さん
嬉しい/// ありがとう///
  1. 2010/01/19(火) 19:49:21 |
  2. URL |
  3. セイ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://360kweis.blog116.fc2.com/tb.php/220-fd5e70ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。