スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

俺屍プレイ記 その6

指南書ってこんなに手に入りにくい物だったっけ・・・一つも手に入らん・・・


順一郎の息子「裕太郎」が来邸。
名前はアイマスブレイク(だっけ?)の主人公から取った。
裕太郎

0歳0ヶ月の時点でかなりパラメーターが高い。
この子は期待できそうだ!

奥義継承について。
奥義を覚えたキャラは「自分と同じ職業である自分の子」が自習期間中に「訓練」させることでのみ奥義を継承させることが出来る。
もし奥義継承させなかった場合、誰かがまたパラメーター上昇によって奥義を復活させない限りは失われたままとなってしまう。


1020年6月。
天海家討伐隊は夏の間だけ姿を現す「白骨城」へと赴いていた。
ここには術の巻物を持った鬼がウヨウヨいる。
術はいわゆる「魔法」。覚えるには巻物を手に入れた上で必要なステータスを満たす必要がある。
巻物は一つの術につき一本あればいいのだが、これがなかなか鬼が落としてくれないんだよね・・・
まあそんなことはさておいて、このダンジョンのボスは全部で三対いるのだが、こいつらが結構やっかい。
どいつもいやらしい戦法を使ってくるので、初見は苦戦すること受けあいだ。
それでもボスの一人「恨み足」の打倒に成功。

翌月は鳥居千万宮へ。
ここでは攻撃力が高い代わりに命中率が低いという俺好みの職業「壊し屋」の指南書が手に入るわけだが、まったく落とさない。
稀に、「熱狂のフィーバータイム」と呼ばれる、敵がアイテムを落としやすくなるというボーナスタイムが出現するんだけど、そんな時に限って指南書持った敵が出現しねえ・・・
どんだけついてないんだよ・・・
まあここの中ボス「稲荷ノ狐次郎」を倒したので良しとしよう。

8月は毎年「朱点童子公式討伐隊選考試合」という大会が開催される。
人間同士のトーナメント戦で、全滅させたり優勝すれば金が貰えるというナイスな大会。
ここに出てくる奴らは一部を除いて強い奴ばっかりなので、序盤は参加せずにダンジョンに行く方がいい。
でもある程度強くなったら参加することを勧める。
この大会はいい戦勝点(経験値)稼ぎになるんだ。
何度か全滅させることが出来ないまま終わった試合もあったけど、優勝することが出来た。
優勝賞金はかなり多い。ありがたいことだ。

同年10月。
パーティの主力だった順一郎にお迎えが来た。
享年1歳6ヶ月。順一郎が抜けると地味に痛い・・・

順一郎遺言


3代目春香は順一郎の息子の裕太郎が継ぐことに。
この時点での裕太郎はまだそれほど強くなかった。
攻撃力ならすぎおの方が上。
はたして、父から奥義を受け継いだ3代目春香・裕太郎は父の屍を越えることが出来るのだろうか。
まあ順一郎も裕太郎も奥義一度も使ってないけど。
  1. 俺の屍を越えてゆけ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
<<俺屍プレイ記 その7 | ホーム | 俺屍プレイ記 その5>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://360kweis.blog116.fc2.com/tb.php/134-28cb9af0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。