スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

不定期的・観に行った映画話

はい、というわけで映画を観に行ったよ。
今回は「エクスペンダブルズ」。
R-15指定だけどテレビCMやってるっぽい?
ブルース・ウィリスやシュワルツェネッガーが友情出演しているのでタイトル聞いた事がある人もいるかも。
アクション映画の有名どころ三人が肩を並べてるのもすごいけど、
その他に出演している役者が豪華なのもすごい。

ストーリーは、自らを「消耗品部隊(エクスペンダブルズ)」と名乗る5人(最初は6人)が
ひたすらドンパチやるというもの。

ほとんどが戦闘シーンなので、ストーリーを求める人には合ってないかも?
ランボーやコマンドーが好きな人は楽しめるはず。
銃撃を、格闘を、とにかく格好いい戦いを延々と繰り広げているので俺はとても楽しめた。
「死の飛行」とか凄すぎて笑った。
ただ、微妙に分かりにくい戦闘シーンが多め?カット多用してたり夜戦だったり。
あと長渕剛の歌はあの映画には合ってないと思った。

でも本当に楽しかった。
敵側の将軍が完全な悪人じゃなかったのがイマイチだったけど、爽快感ある戦闘でいい。
スタローン以外のメンバーも非常に強くて頼もしいから見てて安心出来る。
特に良かったのは「デスレース」でおなじみジェイソン・ステイサム演じるナイフ使いのリー・クリスマス。
彼には痺れっぱなしだったなあ。ナイフ投げと銃を両立させた戦闘スタイルが格好良すぎ。
バスケコートでのケンカでチンピラボコるし、ラストバトルもいい所持って行くし、
スタローンとの共闘も息がぴったり。もう一人の主人公で間違いなかった。
ジェット・リーも結構活躍してたけど、他二人はあんまりスポットライトが当たってなかったな。
あのショットガンは凄かったけど。

この手の映画で味方が撃たれたりして負傷せずに最後までピンピンしてるってのは個人的に評価が高い。
撃たれちゃって苦しんでたりするとちょっと萎えちゃうんだよね。
その後に応急手当シーンとかあったらそれはそれで格好良かったりするんだけど。

この映画、80年代~90年代のヒーロー映画みたいですごく良かった。
続編の構想もあるみたいでとっても楽しみ。
機会があったら是非観に行ってみてくださいね。
時間があったらもう一度観に行こう。
スポンサーサイト
  1. 日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。