スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ゆく年来る年

気分もすっかりポジティブになったところで、今年を振り返ってみようと思う。
今年買ったゲームなんて何本あるのかもよく分からないのでやめとく。

・一人暮らしスタート(2月頃)
これが今年一番大きなニュースというか出来事だった。
実際やってみると楽だしストレスはないしで楽しい。料理も楽しく作れてるので食費もそんなに掛からないし。
寂しいと思ったこともないので、実家にいるより合ってるみたいだ。
というかもう10ヶ月も経つんだなあ。

・アイマスライブツアー 4箇所のうち3箇所に行く(夏頃)
旅行は楽しい。いい刺激にもなる。そう思った旅だった。
行った先でフレに会い、楽しい一時を過ごすことが出来た。
また来年もみんなに会えるといいなあ。
旅先で(特に東京で)金を使いまくったので貯金がカラッカラになったのはここだけの話だ。

・誕生日プレゼントを貰う(8月)
生まれて初めて身内以外の人から誕生日プレゼントを貰った。しかも欲しくてたまらなかったGoW2。
袋を開封した時ちょっと涙が出た。
未だにお返ししてないから何か考えておかねば。

・PCが逝く(8月頃)
3年ほど使っていたノートPCがあの世に旅立った。
前日から 」 ←このキーが勝手に入力される謎の現象が発生して、翌朝電源を入れた時には・・・もう・・・。
かなり焦ったけど、結局優しいフレがPCを送ってくれたので事なきを得た。
感謝してもしきれない。本当なら喪忘年会で何かお返しをしたかったんだけど、結局参加出来なかった。
いつか会う事があればその時何かしてあげたい。

・『ラブプラス』に狂う(9月)
最初はフレが楽しそうにしてたので買おうかどうか考えて、
どんなもんか話を聞いてそれから考えようと思っていた。
が、気付いたら買いに走っていた。
それからはラブプラスの記事が書かれた雑誌を買い漁り、
時折画面にニヤけた気持ち悪い顔が映るバグに悩まされながらもDSに向かって話しかける日々を送った。
これが現在進行形だというのだから恐ろしい。


あれ・・・もう思い出がない・・・
スポンサーサイト
  1. 日記
  2. TB(0)
  3. CM(2)

俺はもうだめだ

後からやってきたクリスマス・鬱。
>>俺はもうだめだの続きを読む
  1. 日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

メリークリスマス! 2

昨日は野郎三人で焼肉だったぜHAHAHA!
どうでもいいよな・・・そんな事・・・はあ・・・

ダブル彼女!

クリスマス 2009-2
  1. 日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

メリークリスマス!

夜に更新出来るか分からないので、今のうちにしておく。
トリプル彼女!

クリスマス 2009-1




さて、仕事行くか・・・
  1. 日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)

ときメモ4クリア

てなわけで無事ときメモ4一周目完了。
響野さんのスイートエンドを見ることが出来た。
でも告白されたのが伝説の樹の下じゃなくて音楽室ってのは軽く驚いたな。
まああのエンディングだったら納得だし、りずみんらしいと言えばらしいけど。
クリア後にギャラリーを見ると、見てないイベント絵が2つあった。
二年目の冬の雪山と卒業間近のハイキングのイベントは偶然見ることが出来た。
まだ見てないならオススメ。特にスキー。
でもあと2つは何だろ・・・?
それにエンディングの後ろにも3つ空きがあるんだよな・・・。これはエンディングにパターンがあるって事かな?

まあともかく無事一周した。MW2と並行してやってたが、どちらも面白くて満足。
ときメモの不満点をいくつか挙げるなら、

・りずみんに2週連続で美術館に誘われたので行ったら、「ここ、前にも来た」って言われた。
今までのシリーズは、主人公が「今日は誘ってくれてありがとう」と言ってたので、女の子から誘われた場合に限り同じところに何度行っても大丈夫だったのだが、今回はそういう事にはならないらしい。

・アルバム、モノローグがない。
「なくてもいいな」と思ってたけど、実際はあるとないとじゃなんか違う。
デートの軌跡を噛みしめたいのに!
個人的に3のモノローグが大好きだった。
モノローグは女の子視点で、主人公と初めて会った時の事や初めてデートした時の事、特定の選択肢を選んだ時や特定のスポットに行った時の感想なんかが日記風に書かれていて、心の移り変わりやその時どう思っていたかなんかが分かるのでかなり楽しめたんだけどな。
次回作が出るならモノローグ復活させてほしい。


こんなとこか。不満ではないな。「あえて言うなら」って点。
「ときめきメモリアル」の新作としてはかなりいい出来だったと思う。
次回作にも期待出来そう。迷ってる人は買いだと思うよ。

さーて、次はカイさんか語堂さんを攻略するぞー!
  1. ゲーム
  2. TB(0)
  3. CM(0)

ローチ・・・

MW2一周した。
感想としては、やはり面白い。CoD4が面白かったなら絶対買うべき。
今回は特に演出に力を入れてたように思う。
「FPSでこんな演出出せるのか!」って興奮する場面がいくつもあった。
映画の出来事をゲームで体感出来てる感じ。
ラペリングして敵を暗殺するシーンや、アメリカが攻撃されて歴史ある建物が次々と崩壊しているのを目の当たりにする様子など。
○○○○○○○が占拠されてたのは衝撃的だった。
特に演出面において、ラストシーンの一連の流れは必見。
前作も燃える展開だったけど、今回はすごい。どうなるのか最後まで分からなくてハラハラドキドキ。
最後は本当に格好良かった。Xボタン連打しまくったよ。

前作であんまり出てこなかったニコライも登場して大活躍したし、MW2は最高のゲームだった。
日本版で字幕が選択出来たら言う事なかったんだけど、まあこれは仕方ないかな。
残るはベテランクリア、スペシャルオプス。
落ち着いたらオンでも遊ぼうと思う。

にしても、ソープのモヒカンヘアーには笑ったw
雪山でフード被ってる時はめちゃくちゃ格好良かったのにw
  1. CoD
  2. TB(0)
  3. CM(2)

爆弾とかちょっと・・・

ときメモ4。
キャラ登場させすぎて爆弾駆逐ゲーに移行しつつある今日この頃。
ふと思ったんだけど、今回はキャラの好感度によって電話に出るまでの間が変わるのかな?

さて、ちびちびと修学旅行終了まで進めた。
修学旅行はシリーズ恒例の(3にはなかったけど)戦闘だ。これが一番楽しみだった。
1、2ではどう見てもFFのパクリ某RPGをインスパイアしたような戦闘が始まるのだが、今回はいたって普通の戦闘だった。
主人公のパラメータが戦闘でのステータスに影響するので、体調をしっかり整えて望む。
結果、勝てた。というか主人公勢固すぎ。HP半分も減らなかったよ。
どうでもいいけど、「響野さんを逃がすために戦う」の選択肢を選んだはずだったのにりずみんが戦闘に参加してたのは何でだろう。いや本当にどうでもいいんだけど。

説明書読んでた時から思ってたけど、ちょこちょこ出てくるちびキャラがめちゃくちゃ可愛い。
もちろん今回の戦闘でも出てきてた。可愛いな。一番のお気に入りはヘッドフォンして首を傾けてるやつだけど。
奥義時のカットインでは凛々しいりずみんが見れた。格好良い!
その後にギター?をジャカジャカかき鳴らしてるちびりずみんが可愛すぎて戦闘に集中出来なかった。

戦闘後はりずみんの誘いで女子の部屋に行く事に。
すると案の定野郎二人組がいた。
枕投げくるか?と思ったけど会話だけだった。
でも満足。会話の内容がすごく良かったんだ。
今作はキャラ同士の掛け合いが多くていいよね。りずみんは俺をすごく信用してくれてるみたいだ。
その後色々あってりずみんの布団に潜り込むことになるが、この辺は自分で確かめてね。


ときメモの最大イベントも終わったしそろそろ終わりも見えてくるな・・・。
  1. ゲーム
  2. TB(0)
  3. CM(0)

俺がときめいてる

昨日ときメモ買ったというのに今日MW2が届いた。
触りの部分だけプレイしたけどなかなかいい感じ。まあこの辺の感想は改めて書くことにしよう。

さて、ときメモなわけだが。
いいね。いい感じだね。
昨日言ってたのはスキルじゃなくて「特技」だった。
文系や運動、体調などの数値が上がりやすくなったり下がりにくくなったり、女の子絡みで有効なものなど色んなメリットがある。
一度につけられる(実践する)特技は7つまで。
新学期が始まると、コマンドを実行するたびに増えていく「経験」を使って特技を覚える。
ので、どれを覚えるか?どれを実践するか?というのが悩みどころだ。
現在二年目の夏。ここに来てようやくりずみんこと里澄さんの水着姿が拝めた。
一年目は里澄さんに猛アタックをかけたおかげか、進級した際に同じクラスとなり、最近ときめき状態になったようだ。
頬が赤く染まってるのが可愛らしい。
意中の女の子の状態が変わるとセーブデータのアイコンが変わるのは細かいな。

そしてついさっき、里澄さんとの帰宅途中に手を繋ぐというイベントが発生した。
従来の追加デートの代わりみたいなもんかな?
このイベントはラブプラスで例えるなら「タッチせずに会話のみでスキンシップを取って最終的に手を繋ぐ」みたいな感じ。
これが何ともむず痒くて甘酸っぱい云々。もうとにかくいいね。青春だね。
手繋いだ時の一枚絵は素晴らしかった。

そろそろ修学旅行。待ちに待った戦闘の時間だな。




・おまけ

動物園デートにて
里澄さん「この動物たち、オリに閉じ込められて何だか可哀想・・・」
ときメモ4 3

何だよこの主人公w 久々に笑ったw
  1. ゲーム
  2. TB(0)
  3. CM(0)

高校に入学した

今月はゲーム二本(ベヨネッタとMW2北米版)買ったのでこれ以上の出費は避けようと思っていたのだが、
フレとのメールがきっかけで買ってしまった!ときめきメモリアル4!!

ときメモ4 1

ゲオで買ったらポストカードも付いてきたよ。

ときメモ4 2

散々悩んだ末に今月は我慢して来月買おうと思っていたが・・・我慢なんて出来るはずがなかった。
ときメモ3が出たのって何年前だっけ?ともかく超久々の新作!GSじゃないよ!ときメモだよ!
中学時代の淡い思い出が蘇る・・・。

ともかくプレイだ。
今回は前情報はほとんど知らずにプレイするので、どんなキャラが出るかすら分からない。
知ってる事と言えば、トコさん(都子さん)がヤンデレらしいという事と、樹里さんが声優をやってるキャラがいるらしいという事くらい。
説明書のキャラ紹介で見た第一印象ではヘッドフォンをつけた里澄さんが好みだったので、この子から攻略しようと思う。
不良っぽい女の子も好みだったけど、第一印象は大事だよね。
何と言うか、無表情だったりグレてたり男勝りで恋愛なんて興味なさそうな子がデレデレするのが好きなんだ。
1の清川さん、紐緒さん、2のほむら、メイ、八重さん、3の神条さんとか。

まあ俺の好みなんてどうでもいいよな。ともかくプレイだ(2回目)。
今回は1の舞台だったきらめき高校が舞台のようだ。
1から15年後という事で、制服もブレザーになっている。
伝説の樹はそのまま残ってるみたいだね。
驚いたのは女の子の情報を教えてくれるのが幼なじみの女の子であるトコさんであるというコト。
トコさん狙いの時は爆弾処理が大変だな・・・。
キャラについては、3のトゥーンレンダリングではなくモーションポートレートというもの。
このおかげで、「2Dっぽいけどしっかり動く」という可愛さとリアルさが混じったような出来になっている。
さすがコナミと言わざるを得ない技術力に感服だ。
EVSはアクセントを3パターンから選んで変えられる。
俺の本名もしっかり呼んでくれた。女の子にも優しい仕様である事が判明。
3ではカットされていた戦闘も今回復活。あとスキルも覚えたり出来るらしい。

旧作を思い出したようにプレイするのも楽しいけど、新要素が詰まった新作をプレイしてるこのワクワク感はたまらないな。
クリアしたいような、したくないような。
  1. ゲーム
  2. TB(0)
  3. CM(0)

SFC版DQ3プレイ記 #15(完結) そして伝説へ・・・

DQ3ED 09

これにて長かった「SFC版DQ3プレイ記」は完結。
最後の最後で面倒くさい病が発病してしまって間が空いたけど、完結出来て良かった。
ある種の充実感が漂ってるな。

ベヨネッタが一段落してCoD:MW2を遊び尽くしたら俺屍プレイ記も終わらせよう。


エンディングは追記に。
>>SFC版DQ3プレイ記 #15(完結) そして伝説へ・・・の続きを読む
  1. DQ3 <完結>
  2. TB(0)
  3. CM(2)

SFC版DQ3プレイ記 #14 最終決戦

これで200記事みたい。
以前間違って3記事ほど削除してしまったので、実際の数とは違いがあるけど。

今日中にDQ3プレイ記終わらせるよー。
>>SFC版DQ3プレイ記 #14 最終決戦の続きを読む
  1. DQ3 <完結>
  2. TB(0)
  3. CM(0)

SFC版DQ3プレイ記 #13

前回の記事、DQ3やってない人には意味分かんないだろうな。
まあいいや、さァ行くか!

※これより先は画像をペタペタ貼ってるので追記に書きます。ネタバレ防止も含めて。
>>SFC版DQ3プレイ記 #13の続きを読む
  1. DQ3 <完結>
  2. TB(0)
  3. CM(0)

SFC版DQ3プレイ記 #12

2009年も終わることだしいい加減クリアするか、というわけで書いていきましょうかねぇ。
まあこの記事自体はいつでも書けた(残るはゾーマを倒すだけというところまで進んでいたため)んだけど、
何かやる気が出なかった。こんな日もあるよね。


・ゾーマ出現~アレフガルド到達 ダイジェスト
バラモスを倒し、勇者としてアリアハンへ帰ってきた一行。
軍資金として50ゴールドしかくれなかった王様も満面の笑みだ。
そんな王様を睨みつつもパレードが始まる。はずだったのだが。

DQ3 011

ここに来てまさかの新キャラ投入。
勇者ハルカの旅は序章に過ぎなかったのであった。
余談だが、「ゾーマが出現したから」と言う理由で王様は仕事を放棄するようになってしまった。
なんというニート・・・

一行は主不在のバラモス城より東、岩山に囲まれたギアガの大穴へと来ていた。
どこかの国の兵士が「何者かがこの穴に入っていった」とか言ってる。
いや、何でお前こんな所にいるんだという疑問はさておいて、穴に飛び込んだ。

下の世界到達。この時点ではここがどこかは分からない。
船くれるおっさんが説明してくれてたような気もするけど忘れた。すまんおっさん。
船を使って東に進み、大陸へ。何やら懐かしいBGMが流れる。
船を下りたところから北に進むと町があった。町のBGMにも聞き覚えがある。
町の入り口に立ってる女性に話しかけた。

「ここはラダトームの城下町です」

そう、ここはDQ1の舞台「アレフガルド」だったのだ!
これを初めて認識した時は小学生だったが、あの興奮と感動は未だに覚えてる。
DQ1、2をやってないとこの感動は分かんないだろうな。
ただ、この時は「わぁー懐かしい。でも何でアレフガルド?」としか思ってなかった。

DQ3のラダトームの王ラルスは3世だったっけ?DQ1では13世くらいだったような気がする。
城で地図を貰って、ついでに太陽の石もゲット。太陽の石がある場所はDQ1で教会があった所だよね。



・虹のしずく入手まで簡潔なダイジェスト
アレフガルドは特にイベントがあるわけじゃないのよ。いやこれ本当。
後にロトの墓となる洞窟の最深部にて勇者の盾を入手。

続いて後に魔物に滅ぼされる町ドムドーラでオリハルコンを拾う。
この時点では、ゆきのふちゃんが生まれたばかりである。時代を感じさせるな。

ついでなので、ニートの町メルキドにもやってきた。
研究者がゴーレムを作ろうと躍起になっている。お前のせいで子孫が苦戦するわけだが・・・。

一度ルーラを使って船のところまで戻り、大陸に沿ってマイラへ。
マイラへと続く橋はまだかかっていないので面倒だ。
温泉から南に行ってようせいのふえを拾う。
ついでにオリハルコンを売って王者の剣購入。
最強の剣を金で買うRPGも珍しいな。

マイラより西、後にあまぐものつえを入手する場所「ルビスの塔」へ。
ここは初プレイ時、相当迷った。
落とし穴に落ちなきゃいけないなんて発想がなかなか出てこなかったからなあ。
この塔で光の鎧を入手。石に変えられてしまったルビスをようせいのふえで助けてやり、聖なるまもりを貰った。

カギの町リムルダール。
この町に来て真っ先にする事と言えば、じいさんに魔法のカギを見せてやる事だよな?
待ち合わせ場所を間違えてるカップルを眺めて装備を整え、南へ。
オープニングでハルカのプロフィールを聞いてきた妖精とご対面。
お詫びのつもりなのか、あまぐものつえをくれた。
ここにはオルテガを看病したという妖精がいる。

そしてリムルダール南の祠にて虹のしずくを作ってもらった。
後ろの宝箱には何も入ってないそうだ。気持ちがすっきりした。
リムルダールから西へ行き、岬で橋を作る。目指すはゾーマ城。

長い旅が、終わろうとしていた。(プロジェクトXっぽく)
  1. DQ3 <完結>
  2. TB(0)
  3. CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。